ある日のスタッフ vol.02

ベトナムから北海道へ、酪農を学びに。

学校を卒業してすぐ、ベトナムから研修生として中山農場にやって来ました。日本語は、北海道に来る前に1か月くらい勉強。あいさつや基本的な会話がわかれば問題ないと思います。
搾乳の仕事は、最初はたいへんでしたが、数か月くらい経験しているうちにコツがつかめました。若い牛を搾乳するときは気を遣いますが、何度も出産して搾乳している牛は、牛のほうも慣れています。ほかにも、牛舎内を掃除したり、牛の寝床を整えたり、搾乳以外の仕事もたくさんあります。

自由時間には買い物や料理を。

趣味はショッピングです。休みの日には、農場の人に中標津町にあるショッピングモールに連れていってもらい、洋服を探したりしています。仕事でもプライベートでもみんなやさしく接してくれます。ベトナムにいる両親や友人ともメールや電話で連絡を取り合っているので、それほど寂しくないですよ。
仕事のあとは、お粥やおこわなどのベトナム料理をつくっています。もともと料理をするのが好きなので、ちょっとした気分転換になっているかもしれません。

中山農場でたくさんのことを勉強したい。

別海町の、人が少なくてゆったりとしているところが、故郷のまちに少し似ているなと思います。去年の冬にここで初めて見た雪は、とてもきれいで感動しました。そのあとすぐにたくさん積もって、作業に出かけるのも大変でしたが。
ベトナムでも牛や動物を飼っている場所に行ったことはありますが、こんなに大きな牧場を見たのは初めてでした。研修期間は3年。そのあとのことはまだ考えていませんが、中山農場でみなさんと一緒にしっかり勉強して、ベトナムでこの経験を生かしたいと思っています。

PAGE TOP