会社概要

会社概要

中山農場は、戦後間もない時期に、この別海町で酪農をはじめました。
酪農とは、牛・人・自然がかかわり合い、牛乳を生産すること。
スタッフ一人ひとりが創意工夫を重ね、高い生産性と高い品質をめざしています。
これからも“牛飼い”として、牛乳を通した地域文化を発信していきます。

代表メッセージ

代表メッセージ

農業や食を取り巻く状況は、めまぐるしく変化しています。それでも、良質な原乳が、健康な牛と牧草と人から生まれることには変わりません。そのために必要な施設整備や環境づくりを積極的に進めてきました。酪農の原点である土づくりから搾乳までを一貫して自社内で行っていることは大きな特徴のひとつです。酪農のスペシャリストを育て、組織的に取り組むことで、国内外に向けて別海町の文化を発信していきたい。そんな思いをもっています。世界を見すえながら、日々、生命や自然に向き合っています。

代表取締役社長 中山 勝志

会社概要

会社名 有限会社 中山農場
所在地 〒086-0654
北海道野付郡別海町中春別307番地の2
役員 代表取締役社長 中山 勝志
取締役 中山 泰輔
取締役専務 中山 貴子
電話番号 0153-76-1777
設立 平成8年9月
資本金 3,000,000円
従業員数 正社員:12名
パート:4名
外国人研修生:5名
ミルク工房:2名
乳牛数 経産牛:500頭
(うち搾乳牛:440頭)
育成牛:450頭
経営面積 330ha

沿革

平成3年 フリーストール牛舎建設(120ストール)
ミルキングパーラー設置
(パラレルパーラー15頭シングル)
スラリー地下ピット建設(1,570t)
平成8年9月 有限会社 中山農場 設立
平成9年 フリーストール牛舎増設
(135ストール、分娩房など併設)
平成16年 フリーストール牛舎増設
パーラー改築増設(16頭ダブル)
平成18年 外国人技能実習生の受け入れ開始
平成23年5月 乳製品加工部門「なかやまミルク工房」でチーズの製造・販売開始
平成24年4月 フリーストール牛舎増設
平成24年7月 従業員用の宿舎完成
平成25年 乾乳牛舎完成
平成28年1月 移行期育成牛舎完成
平成28年1月 人口湿地完成
平成28年2月 従業員洗濯小屋 完成
平成28年3月 哺育牛舎完成
平成29年4月 新・育成舎 完成
平成29年12月 ロボット牛舎 建設中

PAGE TOP