農場ブログ

VMS Supra_plus_cmyk

【酪農の仕事】「AI」と「酪農」【人工知能】

酪農は、日々進化しています。

 

みなさんはご存知でしょうか??

 

牛の乳搾り。いわゆる搾乳を

人間の代わりに行ってくれるロボットがあることを。

 

VMS Supra_plus_cmyk

 

これまで中山農場では、

「パーラー」と呼ばれる搾乳施設で1日2回

人の手で搾乳作業を行なっていました。

機械化が進んだとはいえ、ミルカーと呼ばれる機械を

人間が牛のおっぱいに取り付けるまでは、ほとんどが手作業です。

 

ですが、この搾乳ロボットは、その全ての作業を

代わりに行ってくれるのです。

 

さらに、これまでは、「牛追い」といって、

牛をパーラーまで連れていく作業も人間が行なっていました。

この作業もなくなります。

 

牛が自発的に搾乳ロボットまで歩いていって、

お乳を搾ってもらったら、自分でベッドまで帰っていく。

 

一つの例としてモー子とギュー子という牛がいたとします。

 

IMG_6469

 

モー子:そろそろお乳が張ってきたわ

ギュー子:私はまだ張ってないからあなた先にいってきなさいよ

モー子:そうね、私、今日はもう3回目よ

ギュー子:あらそう。私はもう4回搾られてるわよ

モー子:あらやだ。悔しいからいってくるわ

ギュー子:いってらっしゃい

 

こんな会話があるかないかはわかりませんが、、

 

搾乳ロボットで搾乳を行うようになると、

牛自身の意思によってロボットへと向かいます。

そのため、牛にとってのストレス軽減にも繋がると言われています。

 

 

これだけでも、素晴らしい進歩ですが、

この搾乳ロボットのすごいところはそれだけではありません。

 

次回は搾乳ロボットが持つ「AI(人工知能)」について

説明していきたいと思います。

 

今日はこの辺で。それでは!

IMG_2264

【酪農の仕事】人事のお話

みなさんが酪農に抱くイメージにはどんなものがありますか?

IMG_5663

 

きつい、汚い、危険 いわゆる3Kの仕事。

 

①肉体労働で体力がない自分にはできない。

②特殊すぎて専門的な知識がない自分にはできない。

③休みがなくて朝から晩まで働いている。

 

酪農の仕事は、マイナスなイメージが先行しがちですが、

見方を変えればそんなマイナスなイメージも

プラスに変わる気がします。

 

例えば、、

①肉体労働はきついけど、健康的

②今は知識はないけど、働くうちに、自然と身につけることができる

③働き方を見直して、みんなで休みを増やしていく

 

 

以前、札幌で営業の仕事をしていた自分の感覚としては、

中山農場で働くまでの「酪農」のイメージと

実際に働いてみた「酪農」の現場には、

大きなギャップがありました。

 

酪農は、思っていたより最先端で、スケールもでかくて、

牛は可愛くて。

 

IMG_5700

 

この魅力をどう伝えていくか。

人が集まる場所にするためにはどうすべきか。

そんな会議をしています。

 

IMG_6378

 

これも立派な酪農のお仕事。

 

田舎には田舎の良さがあります。

 

IMG_1653

IMG_1837

IMG_2124

IMG_2264

IMG_5816

 

 

 

別海町でお待ちしています!

IMG_6364

【酪農の仕事】重機メンテナンスのお話

酪農の仕事は多岐に渡ります。

 

牛をお世話することだけが酪農の仕事ではありません!

 

ということで今回は、

農場で毎日活躍する重機のメンテナンスのお話です。

 

IMG_6371

 

こちらは「スキッド」という乗り物です。

 

牛が歩く通路を掃除したり、エサを片付けたり、重たいものを運んだりと、中山農場に、なくてはならない存在です。

 

大活躍のスキッドですが、安全に、快適に、

そして長く使用するために、日々のメンテナンスは欠かせません。

 

IMG_6364

 

こちらは農場内でメンテナンス講習をした時の様子です。

 

みんな真剣です。

 

 

中山農場のスタッフは、酪農未経験の方も多くいますが、

こうした勉強を積み重ね、成長していきます。

 

都会ではなかなか経験できないことが、

酪農の仕事にはたくさんあります。

 

気になる方は、ぜひ一度、農場へ遊びに来てください。

 

インターンシップ、農場見学、年中無休で募集中です!

 

応募はこちらから!

 

それでは!

ブルーベリー

今年もブルーベリーが敷地内で元気に育ちました!

 

左奥の建物がチーズ工房です。

 

牛さんの堆肥を栄養分にすくすく大きくなりました。

 

早速収穫して、チーズプラトーに変身です。

左からブルーベリーに合う爽やかな酸味のでクリーミーな別海ハヴァティ。

真ん中はホロホロとした食感と長期熟成のコクが楽しめる別海チェダー。

右はナッツのような風味と凝縮された旨味の別海チーズ。

週末のゆったりとした時間のお供にいかがでしょうか。

 

IMG_6214

農場見学

インターネットで企業研究をすることも、

様々な企業説明会に参加することも、

 

もちろん大切なことですが、、、

 

 

実際に現場で、

自分の目で見たこと、

肌で感じたことのほうが、

 

よりリアルにその職業について知れると思います。

 

 

昨日、1名の学生さんが、関東からはるばる

 

農場見学に来てくれました。

 

 

人それぞれ感じ方は違いますが、

 

現場で自分が感じたことは、「本当」だと思います。

 

 

短い時間の中で、どれだけのことを伝えられたかはわかりませんが、

ほんの少しでも

 

酪農っていいな、すごいな、面白そうだな

 

そう思ってもらえたらうれしいです。

 

そしてこの「縁」が、今後に繋がればいいなぁと思いました!

 

 

写真は撮り忘れてしまったので、

最近の牛たちを載せておきます!

 

IMG_6198

IMG_6058

IMG_6214

 

 

それでは!

IMG_20170803_132543

ご来場ありがとうございました!

昨日、(8月2日)中標津にある「根釧農業試験場」にて販売会を行いました。

地元の高校生が作った野菜や、農産加工品、珍しいヤギの農家さんのヤギミルク等

バラエティーに富んだ新鮮でおいしいものが大集合でした!

 

 

IMG_20170803_132543 標津町の牛さんにお店番頼みました

当工房では別海ハヴァティ、別海こるびー、別海酒粕ちーずの3種類を販売させていただきました。

別海酒粕ちーずは、別海ゴーダを根室の名酒「北の勝」の酒粕に漬け込んだ「根室(管内)コラボ商品」で

今回1番人気でした!みなさまご来場ありがとうございました!

 

で、この「根釧農業試験場」は酪農に特化した全国でも珍しい試験場で、普段は一般の人は中々入れないのですが年に1日、特別に一般公開しています!しかも牛舎見学や子牛と一緒にお散歩(先着順・お子様対象のものもあるそうです)出来たり、科学実験にミニ迷路…と1日に盛りだくさんのお楽しみが!

って今年はもう終了してしまったのですが…。

来年は是非、地元の方はもとより、車、バイク、自転車などで旅をしている方々にも立ち寄って頂けたら幸いです!!

IMG_20170802_132101 農業の更なる発展の為日々研究が行われているのでしょうね!

 

IMG_5625

中春別中学校体験実習 ミルク工房

6/23(金)

ミルク工房にて行われた体験実習の様子です。

 

実習内容は

2班に分かれての座学と加工体験です!

 

【座学班】

 

座学内容は、農場のこと、牛のこと、チーズのことをクイズを交えながら説明しました!

別海町なので、両親が牧場を経営しているという学生さんもいましたが

答えられなかったクイズもあり、新たな発見があったのではないでしょうか。

 

IMG_5625

クイズ形式での説明会や

 

DSC00426

DSC00424

社長からのお話です。

 

 

 

【加工体験班】

 

加工体験ではモッツァレラチーズを一人一人手作りしました!

普段の生活ではなかなか経験できない、別海町ならではの体験をしていただきました。

 

DSC00417DSC00418

作業服に着替え

 

DSC00431

しっかりと消毒をし

 

 

Let’s do it!

 

DSC00438

DSC00434

DSC00437

みなさん、真剣に取り組んでくれました!

 

 

 

 

DSC00442

こちらは工房にて熟成している

長期熟成のチーズです。

 

____

 

今回は地元の中学生を対象にした実習でしたが、

こういった体験をきっかけに、

チーズのこと農場のことに少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

また、多くの学生や若者達が、地元に残り、地域の為に働きたい。

そう思える企業、地域を目指して、今後も活動していきます。

 

 

中山農場

なかやまミルク工房

IMG_5595

一番草収穫!

IMG_5595IMG_5588IMG_5616IMG_5617IMG_5623

一番草収穫作業が終わりました!!

 

今年は本当に天気に恵まれました!

 

 

例年この時期になると、

雨が降って一時作業が中断したり、

機械の不調により

思うように作業が進まなかったりと、

何かしらのトラブルがつきものなんですが、、

今年は順調に作業が進み

なんと一日も休むことなく

牧草収穫を終えることができました!!

 

長い間オペレーターをしている方も

「こんな事は今までなかった」

というくらいで、なんだか

今年の中山農場には「運」が味方している

そんな気がしてきました!

 

 

牛の健康や乳量に直結する

牛達の「エサ」それが牧草ですから、

草の品質の良し悪しで私たちの

生乳生産が大きく左右されるのも事実です。

 

美味しいエサを沢山食べて

美味しい乳を沢山出してくれることを願い

私達はこれからも一生懸命進みます。

 

以上、今年の一番草収穫についてでした。

IMG_20170615_121646

草始まりました!

中山農場も今週から牧草の採収作業が始まりました!

牛さん達の大切なごはん。

いかに美味しく、栄養のある牧草が採れるか。

それは、結果として美味しくて栄養のある牛乳、更には工房のチーズの美味しさも左右する

とても重要な仕事なのです。

農場のスタッフのみなさん今年も美味しい草をよろしくお願いします!!

 

IMG_20170615_121646

 

 

…さて、今回もチーズレシピをご紹介いたします。

〈アリゴ aligot 〉

アリゴは肉料理の付け合わせに出てくるフランスの郷土料理。

コクのあるモチモチのマッシュポテトはやみつきになる食感!アツアツのうちにどうぞ!

冷めたらレンジで温めると復活します。

IMG_20170527_175255

  材料(3~4人分)

  男爵系のホクホクとしたジャガイモ300g  / バター20g / おろしにんにく1/2片

別海ゴーダチーズ(細かく切る)100g / 生クリーム50cc / 塩・こしょう適量

 作り方

1、ジャガイモをゆでてつぶす。

2、テフロン加工のフライパンにバター、にんにく、生クリームを入れ沸騰直前まで弱火で温める。

3、2にチーズを加え木べらでなじませるように混ぜる。

4、チーズが溶けたらジャガイモを加え木べらでよく練る。

5、塩こしょうで味を調える。

 

 

 

 

 

IMG_20170521_091658

 

先日、馬肉が手に入ったので、ブフ・ブルギニョンならぬシュバル・ブルギニョン(?)と一緒に。

 

IMG_20170521_085416

六月晴れ!

週末の寒さから一転、北海道・別海町は気持ちのいい五月晴れならぬ六月晴れです!

農場の人たちもこれから畑仕事が忙しくなりそうです。

 

こんな気持ちのいい日は手作りのおやつをお外でいかがでしょうか?

 

IMG_20170521_085416

チーズマフィン

バターを使わなくてもできるチーズ風味たっぷりのマフィン。

甘すぎないので軽食にもどうぞ。

 

材料(マフィンカップ6個分)

薄力粉100g / ベーキングパウダー小さじ1 / 卵2個 / 砂糖50g / 牛乳50cc

別海チェダー・別海ゴーダチーズ各50g(合わせて細かいみじん切り)

 

作り方

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。

  チーズは常温に置いてやわらかくしておく。

 

2、ボウルに卵を割り入れ泡立て器でよく混ぜ、砂糖を2,3回に分けて加えその都度よく混ぜる。

  牛乳も加え同様に混ぜ、チーズも加えなじむようによく混ぜる。

 

3、1を加えざっくり混ぜる。

 

4、マフィンカップに3を入れ180℃のオーブンで20〜25分焼く。

 

 

IMG_20170521_084843

PAGE TOP