農場ブログ

4578271912_564a671835

オキシトシンa.k.a幸せホルモン

みなさんこんにちは!

突然ですが、「オキシトシン」という言葉を知っていますか?

 

オキシトシンは別名幸せホルモンとも呼ばれ、人との触れ合いや感動を覚えることで分泌されます。

このホルモンが分泌されると私たちは

 

  • 幸せな気分になる
  • 脳・心が癒され、ストレスが緩和する
  • 不安や恐怖心が減少する
  • 他者への信頼の気持ちが増す
  • 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  • 学習意欲と記憶力向上
  • 心臓の機能を上げる

 

などの効果を得られると言われています。

 

 

なぜいきなりこんな話をしたかというと…

 

実はこのホルモン、

牛にも大きな影響を与えているんです!!

 

搾乳の手順として、搾乳器をつける前に

「前搾り」という作業を行い、

乳頭に刺激を与えます。

9CF794D0-BE49-4A12-A1AB-67F7418D0F3F

(実際にロボットで前搾りをしている所です)

 

 

この刺激により牛たちは脳の一部から

オキシトシンが分泌され、

「乳汁排出反射」という作用が起こり、

乳が出やすい状態になるんです。

 

この状態の間に乳を搾ることが大切で、

搾乳時間の短縮や、牛の能力を

十分に発揮させることにつながります。

 

ですが搾乳刺激によるオキシトシンの

上昇時間は4〜6分と言われており、

この時間内で搾乳を終えることが

理想的と言われています。

 

また、ストレスがかかると

アドレナリンというホルモンが分泌され、

乳汁排出反射を抑制してしまいます。

 

なので私たち酪農家にとって、

①搾乳手順を守り、適正な時間内で搾乳を終えること

②牛追いや飼養環境によるストレスを出来るだけ与えない管理

 

が、牛のパフォーマンスを上げるために

とても重要になってきます。

 

 

牛たちは言葉を発しませんが、

ちゃんと応えてくれているんだなー

と感じた今日この頃でした。

 

234602B5-4C5A-47A9-BD27-5BD636E79E1D

14224830237_9696698ffd_z

世界最先端技術?「ハードナビゲーター」をご紹介!!

皆さん、こんにちは。

今回はロボット牛舎より世界最先端技術のハードナビゲーターについてご紹介したいと思います。

 

 IMG_0058

従来の酪農で牛の病気や発情期などは人が目で見て判断するというアナログ的なシステムでした。

しかし、ハードナビゲーターは搾乳した乳汁をサンプリングし、その乳汁中のホルモンや酵素を解析することにより、乳房炎などの疾病の早期発見や発情牛の特定を行いどのように対処すればいいかの情報まで提供してくれるという超ハイテクシステムです。

異常などの疑いのある牛は症状が軽い段階で発見されるため、健康な状況を保つことができ、繁殖率の増加にも繋がっていきます。

 

IMG_0059

ハードナビゲーターシステムのワークフローは下記のようになります。

まずは牛をロボットで搾乳し乳汁をサンプリング。

そのサンプルがサンプルインテークユニット(SI)に搬送されます。(写真奥)

サンプルインテークユニットとはミルクサンプルを分類する装置です。

分類されたサンプルは分析機器(AI)に搬送され、必要な物質を分析します。(写真手前)

分析結果は対処法と一緒に、表、グラフ、レポートデータとしてユーザーに報告、その情報に基づき酪農家たちは牛への対処を行っていきます。

このような流れがシステム内で行われています。

 

 11028571395_9ab42c64fd_z

中山農場のロボット牛舎ではそんな最先端技術のハードナビゲーターを駆使して乳牛飼育を行っています。

酪農というとアナログ的な作業だと思われがちですが、こんなハイテク技術も利用しているんですよ。

興味のある方は是非見学にお越しになられては如何でしょうか!

0F80BB66-7D9C-42B0-9348-AB90C1522538

カーフレール導入

新年明けて皆様も通常通りの日常が始まっているかと思います。

日に日に寒さが増し、一昨日は−18度と今シーズン一番の寒さとなりました中山農場も人も牛たちも元気に動いてました(笑)

五月末に稼働させたカーフレールも導入した四台をフル稼働させてます。

カーフレールのメリットとして多回数給餌が可能であり、多くの量を回数で分けて飲ませれるというのを利用してしっかりと飲ませれている御蔭なのか二週間の牛も大きく育ってくれてます。

2BF49481-B4F6-41C2-94BB-BEE55C3085F2

 

下の写真はカーフレールでの給餌を初めて3日目の牛の様子です。

次の牛も首を出して待っています!

0F80BB66-7D9C-42B0-9348-AB90C1522538

 

こちらの写真では、ガラス越しに内部の様子を見ることができるので、

確実にミルクを飲めているかが、目視でも確認することができます。

214F6208-CEFE-4000-9C83-437CC81AE653

 

以上、哺育部隊からでした。

3F1614E6-C8A4-4C59-81DE-EEC94408AABA

中山農場の冬

中山農場のロボット牛舎は

全天候型で冬でも快適です。

 

IMG_8803

 

DE5E7407-C328-4AFD-9339-F61AA5D18D44

 

 

そして焼肉小屋も、全天候型で

冬でも快適にバーベキューができます。

D3BDCDC5-B209-4B8C-B570-9DABD9D38378

 

3F1614E6-C8A4-4C59-81DE-EEC94408AABA

 

牛も人も快適に。

中山農場です。

72802CA0-045B-475F-94CE-9B76D2F75EB4

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年も中山農場を宜しくお願いいたします。平成最後の2018年、皆様は良い締めくくりができましたか?これから新たな時代の幕開けとなりますが、皆様にとってより良い年になりますように!

新年早々、日を跨いだ深夜にホルスタインの姫が誕生しました。初産の子供にしては大きな子供です。

2019年一発目の出産は、この子からのスタートです。今年もこの姫を初めとして中山農場の発展に繋げて貰えることを祈りながら日々、私たちも牛たちと成長していきたいと思います。

72802CA0-045B-475F-94CE-9B76D2F75EB4

去年からブログを再開し、和牛情報やホルスタイン情報と様々な日々の出来事を今年も時間の合間をみて発信出来る様に出来たらいいなと思います。

 

IMG_8816

大晦日

8F3DBAA5-F935-4BDA-93A4-96E0C81B925B

29416977_223122975090671_5149426614060187648_n

縁取りIMG_20171227_113742IMG_9374

IMG_7192

IMG_2004

IMG_9686

IMG_9276

IMG_8979

IMG_8803

IMG_8640 IMG_8637

 

IMG_8524

IMG_0416

IMG_8816

 

いろいろあった2018年も今日で終わりです!

1年間ありがとうございました。

 

2019年も中山農場をよろしくお願いいたします。

20181226_121638

日々是精進

段々と寒さの増す今日この頃!

人も牛たちも寒さとの戦いに入って参りました。最近の哺育部隊は新たに和牛に取り組んでますが、

元々は酪農家から始まっているので、ホルスタインがメインではあります。

前回の投稿で、ロボット搾乳をお届けしましたが、あの母牛達から沢山の子牛達が産まれ、哺育舎へと来ます。

中山農場は分娩管理担当の方たちのしっかりとした対応、処置のお陰で子牛達も元気に哺育舎へきて

すくすくと育っています。

和牛の双子ちゃんだけではなくホルスタインの双子ちゃんも今後活躍出来る様に、現場のスタッフも日々技術的にも

人間的にも成長していきたいと思います。

 

 

それでは本日は、奇跡のホルスタインでしめたいと思います!

この子は逆子、双子、分娩介助のコンボを決めてしまい、死にかけで産まれた子牛です。分娩の翌日に輸血するほどでしたが、今は哺乳瓶を持った人間を見ると飛び起きるまでになりました!!様子を見ながら少しずつミルクの量を増やしていきます。

 

 

20181226_121638

20181226_121517

 

 

 

ギュイン!!

20181226_121510

IMG_2609

中山農場の新たな取り組み パート2

2018年5月23日、ロボット牛舎が稼働しました!

IMG_1062

 

既存のパーラーで搾乳されていた牛たち120頭がロボット牛舎へと引越し、新たな環境での生活が始まりました。

まずは牛をロボットに慣らす作業があり、これには牛も人も一苦労。
みんなで力を合わせて牛追いを行いました。

IMG_2604

およそ1週間ほどすると、牛たちは新しい環境にも慣れ、落ち着いた生活へと戻りました。

 IMG_2608

 

IMG_2609

IMG_2612

それに対して人間は、、、
新しいシステムや慣れない作業に試行錯誤を繰り返しながら少しずつ前進しています!!

そんなロボット牛舎での日々を、こちらのブログでも紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

FD965C48-06E4-4946-8A3C-3F2FD45D2D14

和牛だより 〜双子ちゃんとカーフレール〜

今週の(水)についに双子ちゃんが市場へ出荷されました!

個体差はありますが、和牛はホルスタインに比べ、哺乳ロボット(カーフレール)を覚えるのに時間のかかる子が多いです。

中山農場は通常、生まれて1日目は母牛から出る最初のミルク(初乳)を手であげ、2日目からカーフレールデビューをします。

が、この双子ちゃんは体も特に小さかったので、生後10日目位までホルダーでミルクをあげていました。

その後はすぐにカーフレールを覚えてくれました!

飲んだミルクの量、飲むスピードもパソコンで見ることができます。

973EFBC4-0D43-4871-AE8C-2985FA26402B

↑双子ちゃん片っぽの哺乳記録です。↑

 

すっかりカーフレールに慣れて、飲み終わった後も隣を羨ましそうに見ています(笑)

FD965C48-06E4-4946-8A3C-3F2FD45D2D14

 

1544732339176

和牛だより

以前紹介した奇跡の和牛の双子ちゃん、すくすく成長し、今では生後43日齢で推定体重69~71㎏になりました。

現在、中山農場では5月31日からカーフレールという個別型哺育ロボットを稼働させています。

1回量を減らし、回数を増やして個体別にメニューを組んで飲ませた成果が、この増体へとつながったのかと思います。

 

また、鹿児島・熊本ではこの兄弟姉妹たちが高値で販売されているようです。

この奇跡の双子たちも来週の水曜日には他の農場に養子へ出されます。生まれてこまめに哺育させたかいがあるようになってくれると嬉しいなぁ!

この双子ちゃんの後にも次々と和牛も産まれ、ホルスタインも産まれ、今月来月は出産ブーム。ひと月に70頭前後産まれますので、色々と情報を発信していきます。

 

 

 

鹿児島にいる、双子ちゃんの兄弟姉妹たちです!↓

1544732317100

1544732339176

1544732430480

 

PAGE TOP