農場ブログ

1-3

オンラインショップリニューアルのお知らせ

なかやまミルク工房です。

 

今年も残りあとわずかになりました。

 

今年は別海町のふるさと納税の返礼品に出品させていただき、

ポータルサイト「ふるぽ」「ふるさとチョイス」を通じて全国の皆様から

沢山のご寄付をお申し込みいただきました。

 

1-3

また、ゴールデンウイーク中の蔵出しセールや

8月の農業試験場の一般公開デー・9月の別海町産業祭に

お近くの方から遠方から観光でお越しの方まで沢山のお客様に

足を運んでいただきました。

 

誠にありがとうございました。

 

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

縁取りIMG_20171227_113742

そして、来年1月よりオンラインショップをリニューアルオープンすることになりました。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

また1月18日(木)〜23日(火)帯広・藤丸百貨店にて

  1月25日(木)〜30日(火)札幌・東急百貨店にて

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018に商品を出品させていただきます。

北海道内のチーズ工房のチーズが集うイベントです。

ご試食もできますのでぜひどうぞ!

 

それでは皆様よいお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

IMG_7290[1]

メリークリスマスイヴイヴ

日本中がクリスマス気分の中、

今日も中山農場は通常通り営業中です!

 

もちろん牛さん達も、クリスマスなんて関係なしに

一生懸命働いてくれています

 

いつもありがとう!

 

IMG_7277[1]

 

 

毎日毎日、一生懸命働いてくれている牛さんたちの横で

こちらも一生懸命働いてくれている方々がいます。

 

IMG_7293[1]

IMG_7291[1]

 

現在建設中のロボット牛舎です。

ブルーシートに覆いかぶさってわかりづらいですが、

搾乳ロボットも無事、設置されました!

 

ロボット牛舎の完成に向けて、

着々と工事が進んでいます!

 

さまざまな方の支えがあって、酪農業は日々前進しています。

いつもありがとうございます。

 

 

それではみなさま、よいクリスマスを!!

IMG_7206

新・農業人フェア2017

IMG_7192

 

札幌で、たくさんの人に会ってきました!

 

 

目的は、

酪農の魅力を伝えるため、

そして、中山農場の取り組みを伝え、

一緒に働いてくれる仲間を探すためです。

 

 

中山農場は、

2017年11月11日

コンベンションセンターで行われた

新農業人フェア2017に参加させていただきました。

 

IMG_7192

IMG_7194 IMG_7196

 

 

 

あいにくの天気の中、たくさんの方に来ていただき、

話を聞いてもらうことができたこと、嬉しく思っています。

 

 

説明会では、

中山農場が今まで挑戦して来たこと、

これから挑戦しようとしていること、

ロボット化や、人事評価制度、6次化などについてを中心に、

その他、実際の働き方などについて説明させていただきました。

 

 

中山農場にとって、とても貴重な時間でした。

来ていただいた方、話を聞いてくださった方、

本当にありがとうございました!

 

IMG_7206

 

 

今回、何かの縁でこうして出会えた皆様と、

またどこかでお会い出来る日を楽しみにしています!!

IMG_6490

ラスト!【酪農の仕事】だけどやっぱり

酪農の仕事シリーズラストです!

 

 

以前にも紹介したように

酪農の仕事は多岐に渡ります。

 

ただ単に牛と向き合うことだけが

酪農の仕事ではありません。

 

 

だけどやっぱり、、

 

本質は牛と向き合い、

牛が幸せに、穏やかに暮らしていく

環境を整えることが大切で、、

 

そのためには、牛を育てる

”人”も穏やかな心で牛と向き合うことが

大切です。

 

 

働く人が幸せに 牛が幸せに 関わる人が幸せに

 

 

これからもその想いを忘れずに、

前に進んでいきます。

 

 

 

IMG_4169

IMG_5663

iphone 160116 850

IMG_6490

herd_navigator_0173_300x200

【酪農の仕事】AIで酪農がよりスマートに!?

前回からの続きのお話。

 

今回は、搾乳ロボットが持つ、人工知能(AI)に関して

お話をしたいと思います。

 

搾乳ロボットに装備される「ハードナビゲーター」というシステムは

一頭ごとに乳汁をサンプリングすることにより、

その成分から様々な情報(繁殖や健康に関して)を酪農家に知らせてくれます。

herd_navigator_0173_300x200

 

これまで、病気の発見や、繁殖管理は人の目で行なって来ました。

しかし、ハードナビゲーターを使用することにより、

この重要な情報を、より早く、より正確に知ることができるようになります。

 

一つの例として、

「乳房炎」という病気があります。

これまでは、人が搾乳をする時に、乳質の異常や乳房の異常から病気を判断し、

治療をする。というのが一般的な治療までの流れでした。

 

つまり、言い方を変えれば、

人が確認できる段階まで症状が悪化してから発見し、治療をしていた。

ということになります。

 

これがハードナビゲーターを導入すると、、、

乳汁のサンプリングにより、早期に異常を検知し、

乳質に異常が出る前に酪農家へ知らせてくれます。

つまり、症状が非常に軽い段階で知ることができるため、

早期治療により重篤化を防ぐことができます。

 

これは人にとっての省力化、そして何より、

牛の健康にとって非常に大きな役割を果たしてくれることになります。

 

このように、ハードナビゲーターが持つビッグデータを駆使することで、

酪農家の仕事はよりスマートになっていきます。

 

 

効率よく、牛を健康的に飼うことで、

牛にとっても人にとっても快適な環境に。

 

酪農は日々、進化しています。

 

そんなお話でした。

VMS Supra_plus_cmyk

【酪農の仕事】「AI」と「酪農」【人工知能】

酪農は、日々進化しています。

 

みなさんはご存知でしょうか??

 

牛の乳搾り。いわゆる搾乳を

人間の代わりに行ってくれるロボットがあることを。

 

VMS Supra_plus_cmyk

 

これまで中山農場では、

「パーラー」と呼ばれる搾乳施設で1日2回

人の手で搾乳作業を行なっていました。

機械化が進んだとはいえ、ミルカーと呼ばれる機械を

人間が牛のおっぱいに取り付けるまでは、ほとんどが手作業です。

 

ですが、この搾乳ロボットは、その全ての作業を

代わりに行ってくれるのです。

 

さらに、これまでは、「牛追い」といって、

牛をパーラーまで連れていく作業も人間が行なっていました。

この作業もなくなります。

 

牛が自発的に搾乳ロボットまで歩いていって、

お乳を搾ってもらったら、自分でベッドまで帰っていく。

 

一つの例としてモー子とギュー子という牛がいたとします。

 

IMG_6469

 

モー子:そろそろお乳が張ってきたわ

ギュー子:私はまだ張ってないからあなた先にいってきなさいよ

モー子:そうね、私、今日はもう3回目よ

ギュー子:あらそう。私はもう4回搾られてるわよ

モー子:あらやだ。悔しいからいってくるわ

ギュー子:いってらっしゃい

 

こんな会話があるかないかはわかりませんが、、

 

搾乳ロボットで搾乳を行うようになると、

牛自身の意思によってロボットへと向かいます。

そのため、牛にとってのストレス軽減にも繋がると言われています。

 

 

これだけでも、素晴らしい進歩ですが、

この搾乳ロボットのすごいところはそれだけではありません。

 

次回は搾乳ロボットが持つ「AI(人工知能)」について

説明していきたいと思います。

 

今日はこの辺で。それでは!

IMG_2264

【酪農の仕事】人事のお話

みなさんが酪農に抱くイメージにはどんなものがありますか?

IMG_5663

 

きつい、汚い、危険 いわゆる3Kの仕事。

 

①肉体労働で体力がない自分にはできない。

②特殊すぎて専門的な知識がない自分にはできない。

③休みがなくて朝から晩まで働いている。

 

酪農の仕事は、マイナスなイメージが先行しがちですが、

見方を変えればそんなマイナスなイメージも

プラスに変わる気がします。

 

例えば、、

①肉体労働はきついけど、健康的

②今は知識はないけど、働くうちに、自然と身につけることができる

③働き方を見直して、みんなで休みを増やしていく

 

 

以前、札幌で営業の仕事をしていた自分の感覚としては、

中山農場で働くまでの「酪農」のイメージと

実際に働いてみた「酪農」の現場には、

大きなギャップがありました。

 

酪農は、思っていたより最先端で、スケールもでかくて、

牛は可愛くて。

 

IMG_5700

 

この魅力をどう伝えていくか。

人が集まる場所にするためにはどうすべきか。

そんな会議をしています。

 

IMG_6378

 

これも立派な酪農のお仕事。

 

田舎には田舎の良さがあります。

 

IMG_1653

IMG_1837

IMG_2124

IMG_2264

IMG_5816

 

 

 

別海町でお待ちしています!

IMG_6364

【酪農の仕事】重機メンテナンスのお話

酪農の仕事は多岐に渡ります。

 

牛をお世話することだけが酪農の仕事ではありません!

 

ということで今回は、

農場で毎日活躍する重機のメンテナンスのお話です。

 

IMG_6371

 

こちらは「スキッド」という乗り物です。

 

牛が歩く通路を掃除したり、エサを片付けたり、重たいものを運んだりと、中山農場に、なくてはならない存在です。

 

大活躍のスキッドですが、安全に、快適に、

そして長く使用するために、日々のメンテナンスは欠かせません。

 

IMG_6364

 

こちらは農場内でメンテナンス講習をした時の様子です。

 

みんな真剣です。

 

 

中山農場のスタッフは、酪農未経験の方も多くいますが、

こうした勉強を積み重ね、成長していきます。

 

都会ではなかなか経験できないことが、

酪農の仕事にはたくさんあります。

 

気になる方は、ぜひ一度、農場へ遊びに来てください。

 

インターンシップ、農場見学、年中無休で募集中です!

 

応募はこちらから!

 

それでは!

ブルーベリー

今年もブルーベリーが敷地内で元気に育ちました!

 

左奥の建物がチーズ工房です。

 

牛さんの堆肥を栄養分にすくすく大きくなりました。

 

早速収穫して、チーズプラトーに変身です。

左からブルーベリーに合う爽やかな酸味のでクリーミーな別海ハヴァティ。

真ん中はホロホロとした食感と長期熟成のコクが楽しめる別海チェダー。

右はナッツのような風味と凝縮された旨味の別海チーズ。

週末のゆったりとした時間のお供にいかがでしょうか。

 

IMG_6214

農場見学

インターネットで企業研究をすることも、

様々な企業説明会に参加することも、

 

もちろん大切なことですが、、、

 

 

実際に現場で、

自分の目で見たこと、

肌で感じたことのほうが、

 

よりリアルにその職業について知れると思います。

 

 

昨日、1名の学生さんが、関東からはるばる

 

農場見学に来てくれました。

 

 

人それぞれ感じ方は違いますが、

 

現場で自分が感じたことは、「本当」だと思います。

 

 

短い時間の中で、どれだけのことを伝えられたかはわかりませんが、

ほんの少しでも

 

酪農っていいな、すごいな、面白そうだな

 

そう思ってもらえたらうれしいです。

 

そしてこの「縁」が、今後に繋がればいいなぁと思いました!

 

 

写真は撮り忘れてしまったので、

最近の牛たちを載せておきます!

 

IMG_6198

IMG_6058

IMG_6214

 

 

それでは!

1 / 512345

PAGE TOP