農場ブログ

14224830237_9696698ffd_z

世界最先端技術?「ハードナビゲーター」をご紹介!!

皆さん、こんにちは。

今回はロボット牛舎より世界最先端技術のハードナビゲーターについてご紹介したいと思います。

 

 IMG_0058

従来の酪農で牛の病気や発情期などは人が目で見て判断するというアナログ的なシステムでした。

しかし、ハードナビゲーターは搾乳した乳汁をサンプリングし、その乳汁中のホルモンや酵素を解析することにより、乳房炎などの疾病の早期発見や発情牛の特定を行いどのように対処すればいいかの情報まで提供してくれるという超ハイテクシステムです。

異常などの疑いのある牛は症状が軽い段階で発見されるため、健康な状況を保つことができ、繁殖率の増加にも繋がっていきます。

 

IMG_0059

ハードナビゲーターシステムのワークフローは下記のようになります。

まずは牛をロボットで搾乳し乳汁をサンプリング。

そのサンプルがサンプルインテークユニット(SI)に搬送されます。(写真奥)

サンプルインテークユニットとはミルクサンプルを分類する装置です。

分類されたサンプルは分析機器(AI)に搬送され、必要な物質を分析します。(写真手前)

分析結果は対処法と一緒に、表、グラフ、レポートデータとしてユーザーに報告、その情報に基づき酪農家たちは牛への対処を行っていきます。

このような流れがシステム内で行われています。

 

 11028571395_9ab42c64fd_z

中山農場のロボット牛舎ではそんな最先端技術のハードナビゲーターを駆使して乳牛飼育を行っています。

酪農というとアナログ的な作業だと思われがちですが、こんなハイテク技術も利用しているんですよ。

興味のある方は是非見学にお越しになられては如何でしょうか!


PAGE TOP